奈良テキスタイル

header

2018年 展示会

奈良テキスタイルでは2018年秋に展示会を予定しています。
洋服や小物、生地を実際に手にとってご覧いただける機会となります。あわせて奈良 木綿手紡ぎの会のアトリエにて布作りの工程のご紹介や、糸紡ぎの実演などを行います。
詳細が決まりましたら、またお知らせいたします。

2018年 展示会

TALK TO ME 池邉祥子さんとの洋服づくり

木綿の手紡ぎ手織りの生地を使って洋服を作ろうというのは、この活動を始めた当初からの目標のひとつです。
手間ひまをかけて作った生地は、身にまとうものにするのが最もふさわしいと感じたからです。そして現代に生きる誰でもが楽しんで着ることができる洋服にしたいと思いました。

さぁ、ではどんな洋服がよいのか。そこはずいぶんと悩みました。手織り、まして手紡ぎ糸を使っていると意識するとついつい、ハサミを入れることをためらってしまいます。でもそのために服としての魅力を損なうデザインにならないように、洋服として格好のいいもの、美しいものをつくりたいと思いました。

そうした思いを抱えて過ごすこと数年。奈良 木綿手紡ぎの会の講習に参加するため工房に来てくださった池邉さんと出会いました。彼女はいつもご自身でデザインした衣服を着ておられます。それがこれまであまり感じたことのないエレガンスと上品さを備えた現代の洋服だったのです。私たちの布を新しい領域に連結してくれるような可能性を感じ、初対面からわずか2度目にはこの方にお願いしよう、と決めていました。

そうして始まった奈良テキスタイルの服作り。
手紡ぎ手織りの生地をいかしたお洋服をこれから少しずつ提案してまいります。

TALK TO ME 池邉祥子さんデザインのシャツ

奈良テキスタイルのHPができました

奈良で綿を育て布を作る活動を始めてから4年目の2017年秋、「奈良テキスタイル」はスタートしました。
HPを通じて私たちの布作りについてご紹介してまいります。
メールレターでは綿畑からの便りや工房の様子、素材のことなどをお話ししていきます。
どうぞよろしくお願いいたします。